PC関連

Lenovo(レノボ)ThinkPad E585を購入。価格.COM限定 パフォーマンスモデルが激安!

Lenovo ThinkPad E585

Lenovo ThinkPad E585/引用元:Lenovo(レノボ)

今回、自宅用ノートPCとしてLenovo(レノボ)ThinkPad E585を購入しました!

購入に至った理由…ズバリ値段なんですが、価格コムではぱっと見 84,240円 と表記されているところ、49,680円で購入するに至った過程をご紹介しようと思います!

※2018年10月9日時点で構成変更の仕様が変わり、55,080円までしか下げれませんでした。

Lenovo(レノボ)ThinkPad E585の気になる口コミ

すべてはここから始まりました!

価格コムの口コミに、以下の書き込みがあったので抜粋します。
※こちらの口コミを投稿された方は神ですね・・・

このモデルの凄いところは何といってもその"コスパ"に尽きます。
価格.comモデルをそのまま購入しますと『\88,560』と高価ですが、カスタマイズをすると驚きの安さで購入できます。
(1)メモリーが16GBに搭載されてますので「16GB→8GB(4+4)」にしましょう。
すると『\88,560→(1)\71,280』まで安くなります。既にこの時点でE850より1.3万円ほど安いです。
※メモリーは1枚ですとグラフィック性能を引き出すことができません。必ず2枚で運用した方が良いです。
(2)さらに、500GBのHDDを搭載してM.2SSDを外すことで、『\88,560→(1)\71,280→(2)\54,000』まで価格を抑えることができます。

このThinkdPad E585というノートPCは、「カスタマイズ可能製品」なんですが、上の口コミの通り構成変更で価格を下げられる大きな要因は、

  • メモリー
  • ハードディスク

の2点です。

それと、このPCの特徴とも言えるのが、さらっと見てると見逃してしまう「価格コム限定 パフォーマンス」という表記。

実は、この「価格コム限定 パフォーマンス」モデルの値引率が、恐ろしいほどの値引き額を生み出してくれます!

ThinkdPad E585公式直販サイトと価格コム限定の値引額比較

ThinkPad E585自体は、レノボ公式サイトの直販でも購入できて同じ様に構成変更も出来るんです。年中やってる台数限定の割引クーポンを使えば5万円くらいの割引もされるので、直販でも結構なお得感があります。

ただ、「価格コム限定 パフォーマンス」モデルについては、その割引率が直販サイトの台数限定割引クーポンよりも圧倒的に高いんです!実際にカスタマイズしたあとの画面を見ると、口コミに値段まで書かれているのにも関わらず、「あれ、なにか操作間違えたかな?」と思ってしまうほどです。

文章で書いてもイマイチ分かりづらい思いますので、直販サイトと「価格コム パフォーマンス」モデルとを同じ構成でカスタマイズした結果を比較してみました。

<300台限定>THINKPAD E585:パフォーマンス・FHD搭載THINKPAD E585:価格.COM限定 パフォーマンス・FHD搭載

こうやって並べてみると、「価格コム限定パフォーマンス」モデルは「これ間違ってるんじゃ?…」と心配になるくらいの値引額ですよね(^_^;)

構成変更後価格は全く一緒なのに、直販モデルの割引金額が 52,844円 なのに対して、「価格コム限定パフォーマンス」は 70,740円 と 約18,000円も値引額多く、結果として販売価格は 約18,000円安くなる というおかしな結果になります!(笑)

ThinkdPad E585「価格コム限定パフォーマンス」モデルのカスタム・購入手順

※わたしが購入した頃は、【SSDなし】【HDDのみ】構成が出来たのですが、2018年10月09日時点では【SSDなし】が出来なくなったようです。

価格コムの口コミ通りの構成には出来なくなってしまいましたが、メモリーとSSDの容量を変更することは出来ますので、カスタマイズの方向性としては以下の考えをベースに行います。

  • 標準SSDはOS+アプリケーション用と割り切る
  • ゲーム・動画編集では使わない
  • データ用に2.5インチSSDを自分で追加する
  • 内臓DVDドライブがないので、必要になったら外付けドライブを買う

3つ目の内容はカスタマイズでは対応出来ないので、今回のカスタマイズは1・2つ目のために必要最小限にパーツを選択し直します。

具体的な利用用途としてはこんな感じですが、わたしの使用用途そのままです(;^_^A

  • 仕事で使う:Officeメインのビジネス用途
  • 自宅で使う:youtubeやVOD(FODやNetflix、Hulu)などの動画視聴やWeb、メール用途

それでは、実際のカスタマイズを行っていきます。

1.まずは価格コムのThinkPad E585のページを開きます。

こちらからどうぞ。

Lenovo(レノボ)の「価格コム限定パフォーマンス」モデルなので、売ってるお店はLenovo(レノボ)1店舗のみです。

2.Lenovo(レノボ)の販売ページで移動するためのボタンをクリックします。

【「メーカー直販モデル」の売り場へいく】と書かれたボタンがあるのでクリックします。

3.Lenovo(レノボ)のページが表示されたら、画面を下へスクロールします。

ページが自動で切り替わりますが、基本構成では安くないのでカスタマイズして購入します。

カスタマイズ画面へのボタンが下にあるので、今表示されている画面を下へスクロールしていきます。

ThinkPad E585と言っても基本スペックは上にある通りいくつか用意されています。

今回は、「価格コム限定パフォーマンス」モデルを買いますので、「ThinkPad E585:価格.com限定 パフォーマンス・FHD搭載」と書かれているモデルの「カスタマイズ」ボタンをクリックしてください。

4.カスタマイズ画面に切り替わるので、口コミにある通りに各パーツを変更していきます。

カスタマイズするには画面を下へスクロールさせていき、該当パーツの部分で選択をし直す作業が必要になります。

ポイント

メモリーは標準で16GBが指定されていますが、ゲームや動画編集をしない限りは8GBで十分ですので変更します。

ポイント

SSDは標準で256GBが指定されています。今回は後から2.5インチのSSDを追加することを想定していますので、最小容量の128GBへ変更します。

今回のカスタマイズはこれで終わりです。

カスタマイズ自体は大した手間ではないですが、84,240円から55,080円まで価格を引き下げることができました。

Officeメインのビジネス用途や、youtubeやVOD(FODやNetflix、Hulu)などの動画視聴がメインであれば今回の構成で十分です。

上記構成に必要であればOfficeを追加しても良いでしょうし、外付けDVDドライブなども追加しても良いでしょう。

ThinkdPad E585「価格コム限定パフォーマンス」モデルの納期

気を付けておきたい点が納期です。

パソコンを買うとき、余程のこだわりがなければ売られているものからPCを選んで購入しているはずです。

例えるなら、既製品のスーツや靴というイメージです。

今回は少々カスタマイズして購入しているので、セミオーダーというイメージになります。

セミオーダーなので在庫としては用意されていないため、メーカー側で構成を変更してから出荷されることなりますので、結果としてそれなりに時間が掛かります。

わたしが購入した際の納期を参考までにご紹介しますと、大体3週間前後という感じでしたので、「すぐに使いたい!」「3週間も待ってられない!」という場合はおすすめ出来ない買い方ではあります。

 

-PC関連

Copyright© 法律素人の行政書士試験挑戦備忘録 , 2020 All Rights Reserved.